« シジミ貝殻のカルサイトの話 | トップページ | スキンケアと瘀血に漢方が効く! »

2016年1月15日 (金)

悪役の活性酸素とアンチエイジングの関係

近年、美容や健康管理の基本に「抗酸化作用」や「抗酸化成分」が求められるようになりました。これは、あの悪名高き“活性酸素”に働きかけて無害化してくれる作用や成分を指しています。
 
では、活性酸素とはいったい何なのか。
 
日々、私たちは無意識に呼吸をしています。これは、体内で行われている代謝に酸素が必要とされるためでした。代謝とは主に、生きて行くために欠かせないエネルギーを作り出すことです。呼吸によって肺で吸収された酸素は、心臓から赤血球に乗って全身へと運ばれて行きます。個々の細胞内に摂り込まれた酸素が、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーに変え、私たちの生命を維持する活動の全てを支えてくれているのでした。その過程で、代謝に使われた酸素の約2%が活性酸素になると言われています。
 
しかし、体内で発生する活性酸素の量には個人差があります。これは、住環境や生活環境が呼吸自体に与える影響が第一に挙げられるでしょう。大気汚染に紫外線の問題、飲酒や喫煙などが大きく関係するとも言われています。この他にも、体に過大な負荷を与える運動や、やはり加齢による体の衰えは個々の差を大きく広げているに違いありません。
 
悪逆非道で許しがたい犯罪者のように思われがちですが、実はその破壊力で、体内に侵入した細菌を撃退する免疫機能の役割りも果たしてくれているのでした。
 
但し、増えすぎてしまうと問題です。手当たり次第に健康な細胞を酸化させて、細胞を覆う不飽和脂肪酸と言う膜を傷付けてしまうのでした。いわゆるこれが、老化の原因です。
 
本来、私たちの体には、SOD(Super Oxide Dismutase)と言う活性酸素を除去する酵素が予め備わっています。高血圧や糖尿病も予防してくれる多機能な成分なのでした。ただ、残念なことに、SODも又、20代をピークに減少の一途をたどります。若い頃には無縁だったシミ・シワ・タルミが、年齢肌に起こるのはこのためでした。
 
最近は、国民病とまで言われるようになった「がん」も、細胞内のDNAが活性酸素で傷付けられることで発症すると分かって来ました。
 
今日は、噂のニューグレナB.C.A.D.エイジングケア・トライアルセットの効果に関する詳細情報無料提供サイトのお奨めをご紹介します。新発想のエイジングケア ミドリムシから抽出した整肌成分、加水分解ユーグレナエキスを配合でした。
 
●その他のお奨め詳細情報無料提供サイト
瞳ケアの効果が大人気!ビルベリースカットの口コミ
健康効果が大人気!愛犬にワンダフル乳酸菌の口コミ
評判の口紅!アテニア『プライムルージュ』口コミ情報
 

« シジミ貝殻のカルサイトの話 | トップページ | スキンケアと瘀血に漢方が効く! »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090231/63479508

この記事へのトラックバック一覧です: 悪役の活性酸素とアンチエイジングの関係:

« シジミ貝殻のカルサイトの話 | トップページ | スキンケアと瘀血に漢方が効く! »

無料ブログはココログ