« 夏場の冷えには要注意です | トップページ | 腸内フローラと乳酸菌の話です »

2015年5月 7日 (木)

軟水と硬水のお話です

硬い水と柔かい水。少し変わった表現ですね。
 
簡単に言えば、水に含まれているミネラルの濃さの違いで区別しています。その濃さの違いを数字で表しているのが「硬度」なのでした。
 
もう少し詳しく言うと、1ℓの水に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量の違いを数値で表したものでした。ちなみにイオン化とは、水に溶けたミネラルが正または負だけの電気を持っている状態を示しています。
 
世界基準としては、1ℓあたり120mg未満のものを軟水、120mg 以上のものを硬水とWHO(世界保健機関)が定めています。
 
日本では100mg以下を軟水、301mg以上を硬水としていて、中間の値のものを中硬水と分類しています。全国平均が80mgで、南西諸島などを除けばどこも軟水と言う事になるでしょう。ちなみに東京都の場合は60mg前後でした。
 
硬水は決して口当たりが良いとは言えず、日常生活で使うには不向きと言わざるを得ません。イオン化した多量のマグネシウムは腸内で水分の吸収を妨げ、下痢を引き起こす原因にもなります。洗濯石鹸などとも化学反応を起こしてしまい、汚れを落とすどころか、思わぬ変色を招きかねないのです。硬水独特の個性の強さが、一般的なお料理に適さないのも想像に難くないでしょう。
 
もともと硬水とは英語のハードウォーターを直訳した名称で、煮込んだお肉を硬くする事からそう呼ばれるようになったそうです。
 
では、軟水はどうでしょうか。
 
大変に使い勝手の良い、体に優しい水だと言えるでしょう。硬度の低い軟水の上に茶葉を浮かべると、常温でも忽ち緑色に染まって行きます。素材の旨味を引き出す力は侮れません。硬水とは逆に腸内での吸収が早く、汗を流した後の水分補給にも最適なのでした。
 
今日は、効果が大人気!敏感肌用ポーラオルビスのディセンシア『アヤナス』の理由に関する情報サイトのご紹介です。今、飛ぶように売れてるそうですよ。
 
●その他のお奨めサイト
男子のモテ服『メンズファッションプラス』通販
http://mensfashon.tuhan1212.com/
貴金属・宝飾品の高価買取り『ネットオフ』の口コミ
http://tuhan1212.com/netoff/
レーザー育毛器『Demainスカルプ』の効果
http://jyoho1212.info/demain/
口臭対策にバラの香りはいかが?『クリスタルローズ』が口コミで大人気!
http://kkynovel.chu.jp/crystal/
エステティクサロン『銀座グラティア』の口コミ
http://ginzagra.jyoho1212.info/

« 夏場の冷えには要注意です | トップページ | 腸内フローラと乳酸菌の話です »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090231/59911435

この記事へのトラックバック一覧です: 軟水と硬水のお話です:

« 夏場の冷えには要注意です | トップページ | 腸内フローラと乳酸菌の話です »

無料ブログはココログ