« 妊婦さんに葉酸はホント? | トップページ | 軟水と硬水のお話です »

2015年5月 5日 (火)

夏場の冷えには要注意です

人間の体は適正な体温が保たれている事で正常に機能します。冷えとは血液の循環が上手く行われていない状態を意味していて、健康や美容の必須条件である基礎代謝にも支障を来しているのでした。
 
血液の行き渡らなくなった体は免疫力も低下して行き、思わぬ病気に罹ってしまうかも知れません。代謝の衰えはエイジングケアの大敵でもありました。ポッコリお腹や肥満の原因ともなるのです。
 
現代の冷えは冬場だけの問題ではありません。むしろ、猛暑が続く夏場のエアコンシーズンこそが、想像以上に体を冷やしてしまうのでした。
 
どう言う事か。
 
冬場の暖房の設定温度は、どのご家庭でも21度~25度位ではないでしょうか。又、夏場の冷房の設定温度は25度~29度位と言ったところでしょうか。不思議な事に同じ25度であっても、冬場は暑いと感じてしまい、夏場は寒いと感じてしまうのでした。これは中医学で言う「冬の体」と「夏の体」の違いによるものです。
 
夏の体は暑さに耐える様に出来ていて、エアコンの寒さは想定していません。つまりは冷えに対する備えが整ってはいないと言う事なのです。予期せぬ寒さで急激に血管が収縮して、冬場以上に体温を下げてしまうのでした。
 
現代人の夏バテが深刻なのもこの為です。オフィスワークの多い女性には、大変に厳しい問題なのでした。
 
最近人気の耳慣れない素材を2つご紹介しておきましょう。
 
「金時生姜」
生姜が体を温める効果を持つ事は、誰もが承知しているところです。中でもこの金時生姜は、その効果が一級品であると考えて下さい。鮮やかな赤色で知られる矢生姜(はじかみ)が有名でしょう。
日本には奈良時代に中国から伝わって来ました。平安時代辺りから愛知や静岡で盛んに栽培されるようになったのです。同じ場所での連作はできません。金時生姜を栽培した土地は殆どの栄養分が吸い取られてしまい、元通りに作物が育てられる様になるまで7年ほども待つのでした。普通の生姜とは含まれている成分の質が違うのです。
 
「ヒハツ」
広く東南アジアに分布する蔓性の植物です。英名ではロングペッパーと呼ばれるコショウ科の一品種でした。果実は黒胡椒に似ていて、古くから香辛料にも利用されて来ました。中国では体を温める生薬として、インドでは消化器系の不調を改善する薬草として認められています。長寿をもたらす薬とも言われて来ました。
 
今日は、瞳に嬉しい成分凝縮『ルックルックベリー』の効果に関する情報サイトのご紹介です。ビルベリーにアサイーをプラスしてぎゅっと1粒の中に凝縮!しているそうです。
 
●その他のお奨めサイト
冷え・肩こり『トコフェロンEナチュール』の効果
http://tokoferon22.webcrow.jp/
ワキガ対策・制汗・ニオイケアにクリアネオの口コミ
http://clarneo23.webcrow.jp/
オーガニック炭酸ホワイトパック『Sing』の効果
http://sing23.webcrow.jp/
 

« 妊婦さんに葉酸はホント? | トップページ | 軟水と硬水のお話です »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2090231/59885854

この記事へのトラックバック一覧です: 夏場の冷えには要注意です:

« 妊婦さんに葉酸はホント? | トップページ | 軟水と硬水のお話です »

無料ブログはココログ